MTB43ですけど💦

生まれ変わろうとしているおっさんの話です。

MENU

18時以降に食事をしないダイエット方法

 

18時以降に固形物を食べないダイエット方法について調べた。

 

 

この記事はこんな方におすすめ

・ダイエット中の方
・これからダイエットを始めたい方
・18時以降に食べないことでの効果を知りたい方

 

 

 

18時以降に食べないダイエットとは?

夜間の消化に使うエネルギーがなくなり、しっかり胃の中が消化された状態で眠ることで、脂肪の吸収や蓄積を防ぐダイエット方法です。

食事の内容にもよりますが、食べてから胃の中で消化されるまでには2~4時間程度かかると言われています。 そして、1番脂肪がつきやすい時間は、22時~翌2時頃と言われています。 つまり、22時の時点で胃の中が消化された状態にするには、18時までに食べ終わっている必要があるのです。

18時以降に食べないダイエットは、その名の通り、18時以降は何も食べないというシンプルなダイエットです。

 

メリット

18時以降に食べないことのメリット

①方法が至ってシンプル

18時以降に食べないだけ‼

②我慢をしなくていい

1日に食べる回数を減らす必要がない。

③体調が良くなる

胃の中が消化された状態で眠ることにより、内臓をしっかりと休ませることができます。夜遅い時間に飲食すると、寝ても疲れが取れないことがあります。これは、睡眠中でも胃や腸を休めることができていないからです。夕食を18時前に済ませることで睡眠時には食べ物が消化され、内臓をしっかりと休ませることができます。

また、睡眠中に消化器官が活発に働くことは、睡眠の質を低下させる可能性があります。胃の中が消化された状態で眠ることにより、睡眠の質が向上し、疲れが取れやすくなる可能性があります。

④便秘が解消される

腸内環境を整えることは、体全体の健康につながると考えられています。腸内環境を整えることで、便秘や下痢になりにくくなり、免疫力が上がり、太りにくくなるなどのメリットがあります。

 

 

デメリット

18時以降に食べないことでのデメリット

①1回の食事量が多くなりやすく、体重増加につながりやすい

食べれない時間が長いからという気持ちから、1回の食事量が多くなる「食いだめ」をしがちです。よく噛む、サラダから食べるなど、食事量が増えすぎないよう対策をするとよいでしょう。

②生活リズムによっては実践が難しい

睡眠時に食べ物が体に無い状態を作ることが目的になります。最後の食事と睡眠までの時間が取れないという方は、夕飯を早い時間に済ませる時間調整が必要になります。

③効果を実感するまで時間がかかる

太りにくい体を作ることが目的の方法です。結果として体重の減少につながるのですが、どんどん痩せる! ということにはならないので注意が必要です。どうしても早く結果を出したいという方は、体や精神面にストレスがかからない程度でカロリーコントロールをしてみましょう。

④空腹感

18時以降食べないことで、次の食事までの時間を長くとることができます。しかし、空腹感に耐えられず、間食をしてしまう可能性もあります。

⑤社会生活への影響

18時以降食べないことで、夜間の外食やお酒を控える必要があります。これは、社会生活に影響を与える可能性もあります。

 

sun89.net

注意喚起

18時以降に食べないことでの注意点

①栄養バランスの確保

18時以降に食べないことで、夕食を抜くことになります。そのため、朝食や昼食で栄養バランスを確保する必要があります。野菜やタンパク質をしっかりと摂るよう心がけましょう。

②飲み物の選択

18時以降に食べないことで、夕食を抜くことになります。そのため、夜間の飲み物の選択が重要になります。カフェインやアルコールは控えめにし、水分補給は水やノンカフェインのお茶などがおすすめです。

③睡眠時間の確保

18時以降に食べないことで、夕食を抜くことになります。そのため、睡眠時間を確保することが重要です。睡眠不足は空腹感を増幅させるため、十分な睡眠時間を確保しましょう。

④個人差の考慮

18時以降に食べないダイエット方法は個人差があります。自分自身の体調や生活スタイルに合わせて調整することが大切です。無理をせず、自分自身のペースで実践しましょう。

 

まとめ

夕食にはカロリーや栄養バランスを考慮した食事を心がけましょう。例えば、野菜中心の料理や魚や豆腐などの蛋白質を含む食品を積極的に摂ることがおすすめです。

また、炭水化物の量を控えめにすることもポイントです。

夕食後30分以内に運動をすると、更にダイエット効果が期待できます。軽い運動やジョギング・ウォーキングをすると、ダイエット効果が期待できます。激しい運動をする必要はありません。無理のない範囲で継続して行うことが大切です。